野鳥紀トップページへ 野鳥の写真集・総合目次へ 観察野鳥一覧表へ 制作メモのページへ ご案内のページへ 一シギ二タカ三ツグミへ移動 動画集「ビデオカメラと野鳥」のサイトへ移動

D800EとD500のこと

D500
2018年11月16日、D500を買いました。
ゴーヨンとD800Eのセットでの撮影に、重量の負担を感じるこの頃でした。
更には、古くなったD800Eのシャッター音の大きさに恐怖すら感じる始末です。

数年前の落下事故で壊したサンヨンは修理して動くようにはなっていました。
これに軽めのカメラを付けて、軽快に歩けるセットを考えた結果でした。
写りは、ゴーヨンのセットに比べると、かなり落ちます。止むを得ません。
シャッター音は許容範囲でしょう。
驚いたのは連写速度です。高速モードにすると1枚で止められません。
1枚撮ろうとしても3枚ほど撮影されてしまいます。(慣れもあるようです。)
仕方が無いので、低速のモードにしています。
それでもD800Eの連写速度より早いように思います。

さて、若干のトラブルがありました。
カメラの購入時にいつもやっていることです、設定を変えます。
この動機については、まったく記憶が無いのですけど。
まず、コマンドダイヤルを正副入れ替えます。
更には、そのダイヤルの回転方向を変えます。
多分、以前に持っていた古い機種からの名残だと思います。
あるいは、若いころ使っていたCanonのカメラかSonyのビデオの設定だったのかもしれません。

さて、撮影中、一番頻繁に使うダイヤルは絞りの補正です。
これが、初期ではメインコマンドダイヤルに設定されています。
これを、サブコマンドダイヤルに入れ替えた上で、回転方向を変えます。
普通は右に回すと明るくなります。
これを、右に回すと暗くなるようにしています。
この事を、さっぱり忘れていました。

ミサゴが飛びました。
背景は空です。そのままだと真っ黒に写りますので、明るい方に補正します。
しかしながら、補正をすると、ますます暗くなっていきます。
最初に、液晶がおかしいのかな、正確に反映されていないのだろう、と考えました。
しかし、PCに移して確認しても、液晶で見た通りです。
気が付くのに半日かかりました。

今後、カメラを買い替える事は無いと思いますが、この我流の設定を元に戻すことにしました。
つまり、購入時のままで行きます。最初は戸惑うでしょうが、慣れでしょう。多分。

190114
D500で写真を再生していたら、突然エラーでカードが壊れている、みたいなメッセージが出ました。
電源を切り入りしていると、再生されることもあります。
が、次の写真を見ようとするとエラーになり、再生できなくなります。

エラーが出るのは、1枚目からさらに若い方を見ようとした時です。
つまり、普通は最後の写真が表示されるのですが、ここでほぼ確実にエラーになります。
カードが壊れている、みたいなメッセージです。

カードはXQDです。スロットがあるので、一応SDも入れています。
設定では保存先はXQDが優先で、2000枚ぐらいまでならXQDに保存されます。
今回は、100枚程度しか撮影していません。全部XQDに保存されているはずです。

PCで見てみると、XQDに異常はありません。HDDへのコピーも出来ますし、スキャンしても異常なしです。
そこで、念のため、一緒に入れているSDを調べると、こちらが壊れているとのメッセージが出ます。
表示では、スキャンすると直りそうです。
スキャンする前に、そのSDの中身を見てみました。
記録用のフォルダが二つできています。
SDには写真は一枚も記録されていません。

ただ、 エラーの際、色々試してみましたので、その結果かも知れません。
SDだけにして、撮影もしてみました。
その際、SDに保存した写真は再生できました。
その写真は、その場ですぐに削除しました。

そのSDをスキャンしてみたら、そのうちの一つが消えて、正常になりました。
フォルダの一つがエラーだったという事になるのでしょう。
カメラの誤作動か、カード、つまりSDの異常なのか分かりません。

カードは、念のため、SDもXQDもフォーマットし直しました。
クイックフォーマットではなく、時間のかかる方式でやりました。

フォーマットに要した時間を測りました。SDが12分。XQDが3分でした。
いずれも32GBのものです。
SDは、所持しているSDの中では、一番早かろうと思えるものです。
Transcendで、90MB/s、600xと書いてあります。



D800E
このカメラ、良くもっています。
途中、一回落として修理したせいもあるのかもしれません。

2013年2月3日購入です。
2018年11月16日で計算すると、5年と9か月です。
XnViewのEXIFで総レリーズ回数が分かります。調べると、865629回です。

エクセルで日数計算が簡単にできます。
計算してみると、2018/11/16-2013/2/3=2112日です。
一日409枚撮影したことになります。
少し多いようにも思いますが、一日2000枚撮る事もたまにありました。
1000枚程度なら、そう珍しい事でもありません。

話が飛びますが、一日平均400枚撮る写真の大半を削除するのが日課です。
その為に、削除が一番簡単でスムーズなツールとして、XnViewを使わせていただいています。
また最近では、HSPで自作のツールに挑戦している、というのも簡単削除が目的です。
これについては、経過のメモも作っています。

今調べてみたら、例えば2016年の1年間で、残してある写真は55993枚でした。
せっせと削除した残りです。
一日平均にしてみると、153枚になります。
撮った写真の63%を削除している計算になります。




トップページへ